風俗は非日常を体験できるのが魅力

唇と唇がくっつくかと思った童貞の風俗体験

唇と唇がくっつくかと思いました。先日、童貞の僕は風俗を使いました。もう年齢もアラサー。キスもしたことがないなんて、恥ずかしくて人に言えません。そんなこともあって、僕はキスするって目的でデリヘルを使いました。相手のデリヘル嬢は、熟練したベテラン風俗嬢。年齢は僕よりも少し下の子。でも、しっかりしていて、プレイのリードもしてくれました。そして、僕が今回一番の目的にしていたキス。これがめちゃくちゃエロかったです。彼女が迫ってきて、その唇が触れた瞬間。脳内でアドレナリンが噴き出すのがわかりました。次に、彼女は舌を入れてくる。Dキスだったんです。童貞には刺激が強過ぎる。そのあまりの刺激に、僕の脳内はとんでもないことになっていたと思います。正直、手コキもフェラも最高に気持ち良かったのですが、一番興奮したプレイと言えばDキスだったと思います。だって、女の子が・・・。あんな風に唇がくっつくなんて、やばいとしか言えません。

本気で感じてくれるオルガスタープレイ

本気で感じてくれるアダルトグッズと言えば、オルガスターかなって思います。これはある企業が開発したアダルトグッズで、とにかく女の子が感じられるように作られています。バイブとかローター、電マとかとはまた違ったアイテムです。女の子のアソコを刺激すると、それによって悶絶してくれる感じ。僕も風俗嬢を自宅に呼び、オルガスター責めしてあげました。「ちょ、本気で感じちゃう」とアソコから愛液を撒き散らす風俗嬢は、本当にセクシー。やっぱり感じてくれる子って、それだけで貴重ですね。オルガスターの場合は、演技ってよりもかなり本気です。その姿見ちゃったら、またデリヘルを呼びたくなりますよね。最近のデリヘルなら、オルガスターも置いていることが多いかな。風俗を使う場合は、そういうアイテムがあるかどうかも聞いてみると良いと思います。少なくとも、僕はそういやって楽しむことを発見しました。楽しみがどんどん増えるのが、オプションの良さだなと思います。